米国でのPSVRの購買意欲が上昇 VRの認知度も2倍に上昇

ニールセンの報告書によると、米国でソニーのPlayStation VR(PSVR)の需要があり、VRに対する意識もここ12か月で2倍に上昇していることがわかりました。

VRに関するニールセン報告書の結果

ニールセンは、消費者の視聴行動や購買行動に関する市場調査、データを提供している調査会社です。

同社の最新の報告書「U.S. GAMES 360 REPORT: 2017」によると、ここ12か月でアメリカでのVRの需要や意識が上昇していることがわかりました。

アメリカの13才以上の約2,000人(男女比率は平等)に統計調査が行われました。

報告書によると、調査に協力した10%の人がソニーのPlayStation VR(PSVR)を“絶対に買う”または“おそらく買う”と答えました。PSVRは2016年10月の発売からすでに約100万台売れており、さらに販売が伸びることが予想されます。

また、調査対象者のVR自体に対する意識も昨年(28%)に比べて約2倍の51%に上昇しており、VRまたはARデバイスの少なくとも1つは知っていると答えました。


もっとも知られているデバイスはサムスンのSamsung GearVRで34%の調査対象者が聞いたことがあると答えました。

成長するVR業界

今回公開されたニールセン報告書はアメリカにおけるVRの需要や意識を調査したものですが、他の調査会社の報告書では、世界のVR市場の成長などもレポートされています。

調査会社TechNavioによる業界調査レポートで、世界のVR市場は2016年から2020年にかけて84.4%成長するとの予測されています。また、ABI Researchでも2015年から2021年に出荷されるVRヘッドマウントディスプレイの総出荷額が1億1,000万台になるという予想があります。

(参考)
30 Million Americans Plan To Buy Sony’s PSVR According To Nielsen Report
https://uploadvr.com/samsungs-gear-vr-recognized-vr-device-america-according-nielsen/ (英語)

Nielsen報告書 http://www.nielsen.com/us/en/insights/reports/2017/us-games-360-report-2017.html (英語)

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ