PSVR向けにアジア発の4作品が発表 2017年中に配信

7月27日から30日にかけて上海で開催されている中国最大級のゲームイベント、ChinaJoy Expoにて、ソニーインタラクティブエンターテイメントはPlayStation VR(PSVR)対応の新作ソフトを発表しました。今回発表したタイトルは4種類で、いずれもアジアのゲームメーカーが開発したものです。発売時期は未定ですが2017年中に欧米も含めて配信予定とのこと。

本記事では、配信が決定した4作品を紹介します。

『Stifled』

https://www.youtube.com/watch?v=2Vhrt9zIAE0

『Stifled』はシンガポールを拠点にするGattai Gamesによるホラーゲームです。プレイヤーは真っ暗闇の中で、エコローケーション(音響定位)によって周囲の環境を把握しながらプレイします。PSVRの内蔵マイクを使って、音を立てると周囲の環境が見えますが、音が大きすぎると闇の中で徘徊するモンスターにも気づかれてしまので、程よく音を立てて気配を殺しながら進んでいきます。緊張感のあるゲームプレイを楽しむことができます。

『The Walker』

中国のデベロッパーHaymakerによる『The Walker』は上海を舞台にしたファンタジーアクションゲームで、プレイヤーは魔法使いの剣士の子孫として悪魔の兵団と戦います。本作は魔法を用いたプレイが特徴で、使用する武器には特殊なパワーを注ぐことができます。

『Kill X』

https://www.youtube.com/watch?v=CHgI6QC0Yu8

VIVA Gamesによる『Kill X』はスリラーゲームです。プレイヤーは不死身の人間を開発する実験を行なう謎の島に潜入します。プレイエリアとなる空間は真っ暗闇で、突然襲いかかってくるモンスターを様々な武器を駆使して倒します。ゲーム中にパズルを解いたり、様々なレベルのモンスターが登場し、恐怖とスリルに満ちたプレイが楽しめます。

『Legion Commander』

ChangYou GamesはMMORPGシリーズが中国語圏で有名なゲーム企業です。同社はソニーとの提携によってリアルタイムストラテジー『Legion Commander』を発表しました。『オーク』『ヒューマン』『エルフ』の3種族からプレイするキャラクターを選択し、舞台となる戦場で敵の総領との戦いに挑みます。ゲーム中には様々な魔法が使える特殊なカードも登場します。

(参考)
Road to VR / Sony Announces 4 Asia-Developed PSVR Titles Are Coming West(英語)
https://www.roadtovr.com/sony-announces-4-asia-developed-psvr-titles-coming-west/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ