PSVR対応の『エースコンバット7』新トレーラー公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)はアナハイムで開催中のイベントPlayStation Experience(PSX)にて、フライトシシューティングゲーム『エースコンバット7』の新トレーラーを発表しました。本作はPSVRに対応し、VRモードが搭載される予定です。

https://www.youtube.com/watch?v=O9kLbrO2vBI

公開されたトレーラーでは、本編のストーリーを思わせるシーンや、激しいドッグファイトのシーンが収められています。

制作はバンダイナムコエンターテイメント、ゲームエンジンはUnreal Engine 4を使用しています。

注目作なだけに酔いをどう対策しているのか

『エースコンバット7』の注目点は、国内外で人気のあるシリーズ最新作のVR対応というだけでなく、「酔い対策をいかに実現しているか」。一人称視点のゲームではVRでの激しい動きが感覚の不一致を呼び、酔いを招くこともしばしば。

フライトシューティングということで戦闘機に乗り、錐揉み回転や急加速など、かなり激しい体験が予想されます。ユーザーが酔うことなく、体験できるかどうか、注目したいところです。

PSXではVRモードのプレイアブル展示が行われています。発売日は未定です。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ