PSVR、年内に対応ソフトが100本以上発売予定

2月28日、全世界のPSVR用ソフトウェアタイトルおよびコンテンツ数は合計100本を超えています。

VRヘッドマウントディスプレイのPSVRを提供する、ソニー・インタラクティブエンタテイメント(以下SIE)は、世界累計販売台数が915,000台になったことを公式発表するとともに、年内にPSVR対応タイトルが新たに100本以上発売予定であると発表しました。

SIEによると、PSVRのタイトルに参加を表明している会社は、大手ソフトウェアメーカーからインディーズ開発者、映画や音楽などのエンタテインメント会社まで多岐にわたり、合計で360社を越えているとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=K9yIDRvPzPw

各社およびSIEワールドワイド・スタジオは、『エースコンバット7』、『鉄拳7』、『ファイナルファンタジーXV』、『グランツーリスモSPORT』、『Farpoint』、『V!勇者のくせになまいきだR』など、幅広いジャンルのゲームタイトルを開発しており、その総数は220本以上になります。そのうち2017年内に100本以上が発売予定であるとのこと。

(参考)
https://www.sie.com/corporate/release/2017/170227.html

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!