Google、Project Tangoのコンテストを受付中。3本柱の1つはARとVR

Googleは、同社が進めているProject Tangoのアプリを募集するコンテストへの参加を受け付けています。ユーティリティ、エンターテイメントと並び、3つ設定されたカテゴリーのうち、1つはAR/VRとなっています。

Project Tangoは、Googleが進めているスマホで環境認識を行う仕組みのことです。例として、ARではリビングに恐竜が現れる「魔法の窓」、VRではVRの世界をタブレットPCやスマホ用のVRデバイスを使って歩くような体験そのもの、が挙げられています。

タブレットPCを使った環境認識(位置追跡、マッピング)の例

本コンテンストは、アイデア、プロトタイプ、アプリの順に提出のフェーズが分かれているマイルストーン方式で実施されます。現在はアイデアのエントリーの段階で、6月25日までとなっています。

全世界から応募されたアイデアのうち、16のアプリが選ばれ、1,024ドルが与えられます。そしてプロトタイプのフェーズでは4つが2,048ドルを獲得します。このような具合にフェーズが進むごとに対象となるアプリの数は絞られ、賞金が増えていきます。用意された賞金は1,024ドルから8,192ドルまで、その総額は9万5000ドル(約1,200万円)となります。

詳細はコンテストのルール(英語)をご覧ください。

今後、9月23日がアプリ提出期限となっており、10月26日に最終的な大賞受賞者が決定します。


(参考)
Project Tango 公式サイト(英語)
https://www.google.com/atap/project-tango/index.html

Google Tango Dev Contest Includes AR/VR Track and $95,000 in Prize Money – Road to VR(英語)
http://www.roadtovr.com/google-tango-dev-contest-includes-arvr-track-and-95000-in-prize-money/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/