アドビの新技術『SonicScape』360度動画に音を空間配置

10月19日にラスベガスにて開催されたAdobe MAXカンファレンスにて、アドビが開発するVR動画編集技術のプロトタイプ『Project SonicScape』が発表されました。これは直感的な操作によって360度動画に様々なサウンドを配置できる機能です。

アドビは毎年開催するAdobe MAXカンファレンスにおいて、同社が開発する新技術のプロトタイプを発表するコーナー『Sneaks』を開催しています。今年の『Sneaks』で発表された技術には360度動画編集に関するものが複数発表されました。

360度動画に立体音響を配置できる『Project SonicScape』

『Project SonicScape』は、直感的な操作によってサウンドデータを360度映像内に配置できる機能です。サウンドは泡状のアイコンとなって表示され、映像内の好みの位置に配置することができます。操作はクリックとドラッグによって簡単に行うことができるので、立体音響に対応した360度映像の制作が従来よりも容易になります。

https://www.youtube.com/watch?v=grR9DutbMO4

この技術はアドビが開発中のプロトタイプとして紹介されたもので、実際の製品に実装される予定に関しては未定です。『Sneaks』ではこの他、360度映像に奥行き感をもたらす『Project Sidewinder』などの360度動画編集技術を発表しています。

同カンファレンスではアドビの動画編集ソフト『Premire Pro』の新機能『CloverVR』がリリースされました。これはVRヘッドセットを装着したまま360度動画編集を行うことができる新機能です。『CloverVR』はアドビのクリエイティブプラットフォーム『Adobe Creative Cloud』に登録して使用することができます。

(参考)
UploadVR / Adobe’s Project SonicScape Visualizes Audio For Easier 360 Editing(英語)
https://uploadvr.com/adobes-project-sonicscape-visualizes-audio-easier-360-editing/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: Adobe MAXProject SonicScape

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。