Google、指先のわずかな動きをトラッキングする技術「Project Soli」を公開。VRやARへ応用か

Googleは先週、開催されていた開発者向け会議Google I/O 2015期間中に、VRに関係する取組を発表、公開しました。

今回は、その中の1つ、「Project Soli」を紹介します。この「Project Soli」は、VRやARで活用される可能性を秘めた、レーダー技術を研究しているプロジェクトです。指先のわずかな動きやジェスチャーを読みとり、入力することができます。

soli-radar-1

百聞は一見にしかず、まずはGoogleが公開している動画をご覧ください。

このProject Soliはレーダーを使用した認識の正確さが特徴で、非常に小さな動きを捉えることを目的としています。プレイヤーのボリュームをいじったり、目盛りを動かしたり、といった動作が、指のわずかな動きで可能です。Google社内の研究チームが開発を進めていることが明らかになりました。

soli-radar-4

この技術が実装されると、VRやARなどの分野での活用が見込まれます。既にVR用のコンテンツでは、赤外線を使って手の動きを認識するLeap Motionが使われています。しかし、Project Soliにあるような、指先のわずかな動きを認識するほどの精度はありません。

Project Soliでは、レーダーを使うため、認識させるためのチップも非常に小型です。

現時点では、GoogleがこのProject Soliをどのように活用するのかは未知数ですが、VRやARといった分野との親和性が高く、応用されることに期待したいところです。

Google I/Oの前後で明らかになったGoogleのVR関係の取組は以下の記事からもご覧いただけます。

Google、360度撮影へ。16台のカメラをつないで360度撮影をする「Jump」を発表

Googleのダンボール製VRデバイス「Cardboard」の改良版が登場

Google CardboardアプリのiOS版が新たなデモとともに登場。日本では未公開

Google, VRコンテンツの開発のコツをまとめたAndroid向けアプリ「Cardboard Design Lab」をリリース

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ