【IVRC体験レポ】VRで赤ちゃんを抱いて感じる家族愛『リアルベイビー / リアルファミリー』

2016年10月29日(土)から10月30日(日) にかけて日本科学未来館で国際学生対抗バーチャルリアリティコンテストの決勝戦が開催されました。

リアルベイビー / リアルファミリー

リアルベイビー / リアルファミリー

今回紹介するのは国際学生対抗バーチャルリアリティコンテストでLaval Virtual賞を受賞した『リアルベイビー / リアルファミリー』(チーム:明るい家族計画 / 神奈川工科大学 情報学部)です。『リアルベイビー / リアルファミリー』は、訪れた友達やカップルの顔をCGで合成して赤ちゃんを作り、VRでその赤ちゃんをあやす体験です。

リアルベイビー / リアルファミリー

リアルベイビー / リアルファミリー


はじめにカメラの前で写真を撮り、その画像から特徴点を抽出、赤ちゃんの顔画像を作成します。VRヘッドマウントディスプレイを被ってみると、作成された顔の赤ちゃんが寝ている部屋で、ロボットが赤ちゃんをあやしているシーンから始まります。そこに来客がきて、ロボットが来客の対応をするため、体験者が代わりに抱いてあやすというシナリオです。
リアルベイビー / リアルファミリー

リアルベイビー / リアルファミリー


赤ちゃんは実際は少し重みのある人形で冷たいのですが、思い入れのある人から合成された顔の赤ちゃんだからか、筆者は本当の赤ちゃんを抱く時と同様に少し緊張しました。また、自分の腕の中ですやすやと眠りにつく赤ちゃんに夕日がさし、神秘的な光景に感じたことも印象的です。

リアルベイビー / リアルファミリー

リアルベイビー / リアルファミリー

この展示の一番の特徴としては、同性のカップルや友達、ひいては二次元のキャラクターなど本来不可能な自分のパートナーともリアルタイムで体験ができ、それを通して家族愛を感じられること。
今回の展示では最後に“母子手帳”として、赤ちゃんの顔がプリントされた紙をもらえたため、より記憶に残りました。

本展示は2017年にフランスで開催されるLaval Virtualへ招待されます。フランスでの反響も注目です。

(参考)

http://blog.shirai.la/baby/

http://ivrc.net/2016/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/