宇宙版Gone Homeを目指すVR対応SFアドベンチャーゲーム『Pollen』のゲームプレイ動画を紹介

フィンランドのインディゲームデベロッパーMindfield GamesはVRで体験できるSFアドベンチャーゲーム『Pollen』を開発しています。

『Pollen』は、氷漬けの研究所を探索しながら、「なぜプレイヤーはそこにいるのか」「この研究所に何が起きたのか」といった背景情報も含めたストーリーがステージをあちこち探索を進めることで明らかになるようなゲームデザインになっています。2013年にリリースされたPCゲーム『Gone Home』や映画『2001年宇宙の旅』に影響を受けており、開発者も宇宙を舞台にした『Gone Home』や映画のようなゲームを目指していると明言しています。

キャラクターは登場せず、残されたアイテムを集めていきながら時空を超えたストーリーが紐解かれていくゲームデザインをVRでより没入感の深い体験として実現しようとしているのが本作です。また、ストーリーの没入感を高めるために主人公の視点をプレイヤーが体験する一人称視点のゲームとなっており、酔いを減らすための工夫なども施されています。

現在、ドイツで開催されているゲームイベントGamescom 2015でプレアルファ版が展示されていますが、プロトタイプは3月に開催されたGDCでも展示されており、筆者も体験しました。3月時点ではまだ限られた行動しかできませんでしたが、今回のプレイ動画では、様々な物体を手にとって調べたり、冷蔵庫の食べ物をレンジで温めるといった行動も可能になっている様子が分かります。

https://www.youtube.com/watch?v=kULO2QbU-yI

VR専用タイトルではないため通常のモニターでもプレイできますが、VRで体験することを前提に設計しているため、「モニターでプレイするとゆっくりしすぎに感じるかもしれない」とのこと。

Oculus Rift以外にもProject Morpheus、HTC Viveでのリリースも視野に入れて開発が進められています。デモは通常のゲームコントローラーでプレイしますが、今後Oculus Touchなどのより直感的に操作できるコントローラーへの対応も期待したいところです。

pollen_screenshot_300715_e_WM

pollen_screenshot_300715_b

pollen_lighter

(参考)
Road to VR – New Gamescom ‘Pollen’ Screenshots Reveal Beautiful Attention to Detail
http://www.roadtovr.com/new-pollen-footage-demonstrates-gameworld-interactivity/

関連するキーワード: Oculus Rift contents

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ