Key『planetarian』VRアニメ化プロジェクト 目標2倍の2,000万円調達

ゲーム制作を行う株式会社ビジュアルアーツは、ノベルゲーム『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』のVRアニメ化に向けたクラウドファンディングにおいて、最終的に目標額の約2倍となる2,030万円を調達しました。支援者総数は883人。

同クラウドファンディングは、2016年11月17日に開始され、11月19日に目標額の1,000万円を達成。募集開始からわずか2日で調達しています。

『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』は、ビジュアルアーツに所属するゲームブランド・Keyによって2004年に制作されたキネティックノベルゲーム。同スタジオは『Kanon』や『AIR』、『CLANNAD』、『リトルバスターズ!』そして『Angel Beats!』などで知られています。

https://www.youtube.com/watch?v=QT5xUzN410E

本作は2016年にWEB配信および劇場公開という形でアニメ化しており、今回のプロジェクトではその3話の一幕をVRアニメ化するものとなっています。本編でもお馴染みのプラネタリウム投影シーンが描かれるとのことです。

ゲームやキャラクターのVRコンテンツ化に関するクラウドファンディングはこれまでにも行われています。一例として東北地方の名物として知られる「ずんだ餅」をモチーフとした美少女キャラクター「東北ずん子」のVRアプリがクラウドファンディング、またTVアニメ『One Room』のキャラクターと触れ合えるVRアプリのプロジェクトなどがあり、両事例とも目標金額を達成しています。

(参考)
Key「planetarian」フル3D VRアニメ化プロジェクト / CANPFIRE
https://camp-fire.jp/projects/view/53685


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: planetarian~ちいさなほしのゆめ~ビジュアルアーツ

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com