Key『planetarian』VRアニメ化プロジェクト 2日で1,000万円調達し制作決定

株式会社ビジュアルアーツは、ノベルゲーム『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』のVRアニメ化に向けたクラウドファンディングにおいて、目標額である1,000万円を調達しました。このクラウドファンディングは11月17日に開始され、11月19日に目標額を達成。募集開始からわずか2日(40時間)での調達となります。

『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』は、ビジュアルアーツに所属するゲームブランド・Keyによって2004年に制作されたキネティックノベルゲーム。同スタジオは『Kanon』や『AIR』、『CLANNAD』、『リトルバスターズ!』そして『Angel Beats!』などで知られています。本作は2016年にWEB配信および劇場公開という形でアニメ化しており、今回のプロジェクトではその3話の一幕をVRアニメ化します。

本プロジェクトはクラウドファンディングサイトCAMPFIREにて出資を募っており、出資者には金額に応じて『planetarian』の台本、グッズ、および出資者に合わせたオリジナルメッセージの入ったBlu-rayディスクやサイン色紙などが贈呈されるとのこと。目標額を超えて集まった資金に関しては「動画のクオリティアップ」に使用されるとのことです。

(参考)
・Keyの『planetarian』VRアニメ化に向けクラウドファンディング開始
・Key「planetarian」フル3D VRアニメ化プロジェクト(CAMPFIRE)

 

関連するキーワード: planetarian~ちいさなほしのゆめ~ビジュアルアーツ

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!