VR動画をストリーミング再生するために。Pixvanaが600万ドルを調達。

もし、VRコンテンツ配信ストアで「ストリーム版」と「ダウンロード版」の2つの選択が用意されていたら、どちらを選びますか。Pixvanaは、VR・ARコンテンツのストリーミング配信に対する需要に応えようとしています。チームは、元アップル、アドビ、マイクロソフトの社員といったメンバー。マイクロソフトの共同創業者Paul Allen氏の運営するVC「Mardrona Venture Group」から600万ドル(約7.2億円)の資金を獲得しました。

image201512151819001

通常のコンテンツでも、ストリーミングを行う時にはダウンサンプリングが行われます。しかし、VRコンテンツのファイル容量はこれらに比べて膨大なもの。Gear VR向けにも『Milk VR』などいくつかの動画配信プラットフォームではストリーミング再生に対応していますが、画質が落ちすぎるなどすべてのコンテンツが理想的な状態で体験できる訳ではありません。消費者を満足させるには、実在感を損なわない最低限のクオリティのVRビデオをいつでも即座にストリーミングできるようなクオリティが求められます。

ダウンロードする場合は、かかる時間とストレージの圧迫が問題となります。ストリーミング再生の技術の確立が待ち望まれます。

<参考>
Uproad VR//Pixvana Raises $6 Million To Solve One Of VR’s Big Problems
http://uploadvr.com/pixvana-vr-video-streaming-6m/

※米Uproad VRとMogura VRはパートナーシップメディアです。

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/