ピクセラ、パノラマVRサービスを2016年春よりスタート。4K360度カメラ「Sphericam 2」の販売も

10月28日、株式会社ピクセラは法人向けパノラマVRサービスを2016年3月に開始することを発表しました。

ピクセラはこれまで、TVチューナーやキャプチャー機器などを取り扱ってきましたが、この度VR/AR事業に本格的に参入することを表明、コンテンツ制作から店舗等での配信までトータルサービスを開始します。VR(バーチャルリアリティ)を利用することで、旅行代理店や不動産販売店などから、その場に居ながらにして旅行先の風景や、ホテル・マンションのレイアウトなどをリアルに体験できるサービスになるとのこと。発表されたイメージ図からも分かるように、360度カメラの提供から編集ソフト、再生プレイヤーまでをトータルでサポートします。

image_panorama_vr

ピクセラ社が発売するSphericam社(業務提携)の360度4Kカメラ「Sphericam 2」。2016年4月~6月頃の販売を予定
image_sphericam2

関連記事:4K、60fpsの動画が撮れる全天周カメラ「Sphericam 2」3倍の資金を獲得してゴール

ピクセラ社が提供予定のパノラマVR専用パソコン 外観イメージ
image_vr_pc

こうしたパノラマVRをトータルサポートするサービスは、国内外で取組が進んでいます。また米国の全天周コンテンツ制作会社Jauntは、高性能なシネマティックな映像が撮影できるカメラ及びコンテンツ制作、配信プラットフォームまでをカバーしています。国内では、手軽なVRデバイス「ハコスコ」と凸版印刷も連携して進めていますが、360度カメラや再生用のPCまで含めたものは国内では初の例となります。

関連記事:凸版印刷とハコスコ社、VR事業で業務提携を発表

ピクセラ社はVRの市場拡大を見込んで今回の事業展開に踏み切ったとのことです。

(参考)
パノラマVRサービスを来春スタート 4K 360度カメラ「Sphericam 2」の国内販売も開始予定
http://www.pixela.co.jp/company/news/2015/20151028.html

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/