8KのVRヘッドセット「Pimax 8K」2億円以上を集め好調

中国のVR HMDメーカーPimaxは、現在開発している8K(片目4K)のヘッドセット「Pimax 8K」のクラウドファンディングをKickstarterで行っています。

目標金額は20万ドル(約2,200万円)でしたが、早々に突破し、開始5日で100万ドル(約1.1億円)を集めました。さらに4つめのストレッチゴールである200万ドル(約2.2億円)を突破し、ヘッドセット無線化キットの100ドルクーポンが支援者特典として追加されました。クラウドファンディングは11月4日を締切としています。

より高解像度、より広視野角に

Pimax 8Kは、片目4Kのディスプレイを2枚搭載した高解像度・広視野角が特徴のVRヘッドセットです。現在3,478人の支援者と220万ドル(約2.5億円)以上の支援額を獲得しており、プロジェクトが公開している4番目の追加目標額である200万ドルを突破しました。

Pimax 8KはOculus RiftやHTC Viveを超えるPC向けハイエンドVR体験ができるとしており、ベースステーション・コントローラーを使用することでルームスケールでの位置トラッキングにも対応しています。SteamVRに対応しており、ベースステーションとコントローラーはHTC Viveのものをそのまま利用することもできます。

従来のVRヘッドセットに比べて8Kという高解像度、及び200度という広視野角を備えており、リフレッシュレートは75Hzと90Hzに対応しています。また5K画質の廉価モデルなどが発表されています。

締切まで約一週間

本プロジェクトはこれまでに4つのストレッチゴールを達成し、イヤホン付きヘッドストラップやヘッドセット無線化キットの100ドルクーポンなどが追加されました。

新たなストレッチゴールとして、3つのコンテンツが同梱される5番目の追加目標が250万ドル、アイトラッキングが搭載される最後の追加目標が300万ドルと発表されました。

Kickstarterでの早期支援者特典は既にほとんど売り切れており、現在はヘッドセット単体が499ドル、フルパッケージは799ドルとなっています。これはHTC Vive発売時と同じ価格になります。

クラウドファンディングは11月4日まで行われており、2012年に行われたOculus Riftの240万ドルを越えられるかどうかに注目が集まっています。

(参考)
Pimax 8K VR Headset Surpasses $2 Million On Kickstarter / UploadVR(英語)
https://uploadvr.com/pimax-8k-vr-headset-surpasses-2-million-kickstarter/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: PimaxPimax 8K

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor