中国のPICO、最新のスマホ用CPUを搭載したスタンドアローン型のVRHMDを発表

中国のPico Technology社は、VRヘッドマウントディスプレイPico Neoを発表しました。PCやスマートフォンに依存しないスタンドアローン型。プロセッサには、Qualcomm社のスマホ用最新CPUであるSnapdragon 820が搭載されます。

Pico Neo

片目1080×1200、両眼で2Kの解像度を誇る有機ELディスプレイ。描画の滑らかさを示すリフレッシュレートは90H、描画の遅延(レイテンシ)は20ms以下とOculus RiftやHTC Viveと同程度です。3D音響を内蔵、123通りのハプティクス・フィードバックも備えています。2016年6月に中国での発売を予定し、予約を開始しています。

Snapdragon 820は2016年1月のCESのレポートでもお伝えした通り、VR対応を意識して設計されたプロセッサです。早くもその性能を活かしたVRHMDが登場したということになります。

なお、CPUが内蔵されるのはコントローラー部分というユニークなデザインをしています。

Pico Neo

また、付属するのかは不明ですが、手を動かすことのできるモーションコントローラーと位置を認識するためのトラッキングカメラもあり、ハイエンドなVR体験が可能な一通りのセットとなっているようです。

Pico Neo

Androidベースのシステムとなっており、コンテンツの配信は独自のプラットフォームになるとのこと。中国国内でゲームや映像配信のプラットフォームと話を進めている模様です。

実際にどのような体験になるのか、またどのようなコンテンツが体験可能になるのか。気になるところです。

なお、Pico社は、5月10日に開催されるJapan VR Summitのスポンサーを務めています。

(関連記事)
【CES2016】モバイルVRを大幅に引き上げるクァルコムの次世代チップセットSnapdragon 820

(参考)
Pico Neo 公式サイト
http://www.picovr.com/neo.html

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: 中国

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii