全身モーキャプデバイス『Perception Neuron』新型登場

全身モーション・キャプチャデバイスを開発するNoitom社は、新型『Perception Neuron 2.0(パーセプション・ニューロン2.0)』を発表しました。同社はモーションキャプチャに関する様々な製品を開発しており、この新型がその製品群の中心を担うことになります。

モーションキャプチャのエコシステムを構築

同社はこれまでに全身モーション・キャプチャーデバイス『Perception Neuron』や、5本の指の動きをほぼ完全にトラッキングするVR用グローブ『Noitom Hi5』などを開発してきました。同社はこのような製品群を『Neuron Mocap*エコシステム』として、発展させていく意向を示しており、新型の『Perception Neuron 2.0』はその中核を担っていく製品であるとしています。

*mocap:モーションキャプチャー(Motion Capture)の略

これまでにない低価格のモーキャプデバイス『PERCEPTION NEURON』の国内販売が開始 | Mogura VR

これまでにない低価格のモーキャプデバイス『PERCEPTION NEURON』の国内販売が開始 | Mogura VR

MoguraVR

【体験レポ】5本の指の動きをほぼ完全にトラッキングするVR用グローブ「Noitom Hi5」 | Mogura VR

【体験レポ】5本の指の動きをほぼ完全にトラッキングするVR用グローブ「Noitom Hi5」 | Mogura VR

MoguraVR

モーションキャプチャーデバイスの中心に

新モデルでは、電気通信において、信号波形の揺らぎが原因で映像等に乱れが生じる現象である「ジッター」が発生する確率を大幅に減少させ、より正確な情報を保存できるようになりました。

肩と腰を繋いでいたベルトが2.0では姿を消しており、ユーザーは上半身と下半身のモーションキャプチャーを別々に着用できるようになります。より快適で、動きの自由度が増すことに加え、上半身のデータが不要な場合では下半身だけ着用して測定するなど、利用方法に大きな自由が生まれた、としています。

また『Perception Neuron2.0』は『Neuron Mocapエコシステム』から今後登場するすべてのアクセサリを簡単に追加できる基盤としての位置付けがされており、定期的なアップデートや、『Noitom Hi5』に続く新たなデバイスが登場するすることが大きく期待されます。

『Perception Neuron 2.0』は、旧モデルと同様の値段である1,499ドル(約16万円)で販売されています。

(公式ページ)
https://neuronmocap.com/

(参考)
Noitom Announces Launch of Perception Neuron 2.0 and Introduces New Neuron Mocap Ecosystem http://www.prweb.com/releases/2018/02/prweb15157036.htm


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: NoitomPerception NeuronPerception Neuron 2.0

この記事を書いた人

  • 田口大智

    明治大学文学部フランス文学専攻に在学中。明治大学硬式野球部引退と同時に休学し、日本マイクロソフトのインターンに9ヶ月間参加。Microsoft Azure やHoloLens 等の啓蒙活動に携わる。現在は米国ワシントン州シアトルに留学中。Twitter:@_taccho