NYタイムズ、パリ同時テロの現場での追悼の様子を360度動画で撮影したVRドキュメンタリーを公開

11月13日にパリで起きたパリ同時多発テロは市内の数カ所で連続して銃撃や爆発が起き、約130名の死者を出る事態となりました。各事件現場には数多くの人々が訪れ追悼の花束などが捧げられています。

事件から1週間が経過した11月20日、VRを活用したジャーナリズムに取り組むアメリカのニューヨークタイムズ紙は、パリの事件現場での追悼の様子を収めた360度ドキュメンタリー映像『Vigils in Paris』を公開しました。

IMG_1534

 

事件が起きた共和国広場通り、カリリオン・レストラン、バタクラン劇場、プチ・カンボージュの4箇所で昼夜撮影され、事件現場で追悼する人々の様子を収めたものです。

IMG_1524

IMG_1525

市民の「あの日、友人とバタクランに行く予定だったが、自分は遅刻した。そのせいで自分だけ助かった」というような声も収められています。全編英語なのが残念ですが、言葉は分からずとも、現場の雰囲気が伝わる体験になりますので、ぜひ試してみてください。事件から1週間、パリの人々がどのような想いで現場を訪れているのか、その場にいるように伝わってきます。

IMG_1528

IMG_1527

IMG_1530

アメリカのニューヨーク・タイムズ紙は、360度撮影したドキュメンタリー(VRドキュメンタリー)の配信を行っています。

このドキュメンタリー映像はYoutubeで見ることができるほか、スマホアプリ「NYTVR」(iOS版Android版)にて閲覧可能です。スマホ単体でスマホを動かして見回すこともできるほか、Google Cardboard、ハコスコタタミ二眼などのVRデバイスで体験することもできます

https://www.youtube.com/watch?v=o3yvjEMFbnM

※Youtubeでの閲覧時、ブラウザの場合はマウスポインターのドラッグで、スマホの場合はスマホを動かすことで、360度を見回すことができます。Androidのスマートフォンの場合は、さらにVRモードでの視聴も可能です。

関連記事:枠のない360度映像が伝える紛争地帯の子どもたちの生活。NYタイムズのVRドキュメンタリーが公開。

・360度動画を紹介している記事一覧はこちらです!

▼ハコスコやGoogle CardboardなどのスマホでVRを体験できるソフトの紹介はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/