Oculus創業者パルマー・ラッキー氏、5月10日から開催の東京サンドボックスに登壇へ 退職後初の講演

Oculus社の共同創業者であり、Oculus Riftの発案者でもあるパルマー・ラッキー氏が、東京都内で5月10日から開催されるイベント「東京サンドボックス」に登壇することが明らかになりました。

東京サンドボックスは5月10日(水)から14日(日)まで都内各所で開催されるインディーゲームの大型複合イベントです。4日間にわたり、インディゲームに関する講演や展示会、交流会が渋谷・秋葉原で開催されます。VRも大きなテーマの1つであり、講演イベント「PUSH」にて、パルマー・ラッキー氏が登壇することが急遽発表されました。

同氏は現在、弱冠24歳。大の日本好きとして知られています。日本のアニメ『ソードアート・オンライン』などをこよなく愛し、VRの世界を実現するためにVRヘッドマウントディスプレイを試作。Oculus Riftのプロトタイプとなります。2012年夏にの開発資金をKickstarterで募集し、大きな話題となりました、まさに昨今のVR普及の火付け役とも言える存在です。

Oculus社は2014年にフェイスブックに買収されました。ラッキー氏は2017年3月にOculus社を退職しており、退職後イベントなどへ登場するのは初となります。

ラッキー氏の登壇日時、講演内容については未定とのこと。詳細は今後、公式サイト及びTwitterにて発表されるとのことです。

どのような話が語られるのか注目が集まります。

東京サンドボックス公式サイト
http://www.tokyosandbox.com/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!