ノキア、ディズニーに360度カメラOZOを提供することを発表。ディズニーもVRコンテンツの制作へ

ノキアは、ウォルト・ディズニー・スタジオに同社のプロ仕様360度カメラOZOを提供することを明らかにしました。ディズニーはOZOを用いて今後制作する映画にむけて「特別なVRコンテンツ」を制作することになると思われます。

ozo

ディズニーはつい先日、新作映画『ジャングル・ブック』のワールド・プレミアの様子をおさめた360度映像を制作、Facebookの360度動画ならびにGear VRで体験することができます。

ノキアのOZOは定価6万ドル(約660万円)のプロ仕様のVRコンテンツ制作向け360度カメラです。2K×2Kのセンサーを8つ内蔵し、8K×4Kでの出力が可能。マイクも8つ内蔵されており、360度のサウンドをとることができます。また、Wi-Fiによりその場でVR映像を出力することができるため、撮影後のポスト・プロダクションの時間を劇的に削減することができるとしています。

詳細なスペックはこちら(英語)

2015年にディズニーは、シネマティックVR作品を制作しているJaunt社に6,500万ドルの投資を行ってます。Jaunt社も独自のプロ向け360度カメラJaunt Oneを作っています。

OZOを使ったディズニーのVRコンテンツ、どのような作品が登場するのか楽しみですね。

(関連記事)
ディズニー新作「ジャングル・ブック」のVRコンテンツを、世界的映画監督ジョン・ファブロー氏が制作。

(参考)
Disney Signs Nokia Deal to Use OZO VR Camera – Road to VR
http://www.roadtovr.com/disney-signs-nokia-deal-use-ozo-vr-camera/

※米Road to VRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ