OSVR、約400ドルでOculus Riftとディスプレイ性能が同レベルの新バージョンHDK2を公開

Razerは、オープンソースのVRプラットフォームOSVRに向けた開発者向けのハードウェアHDK(Hacker Dev Kit)のバージョン2.0を発表しました。

osvr

高性能なディスプレイへ

これまでのバージョン1.4から比べてパネルの構成が改善されました。これまで1枚のパネルだったところ、片目ごとにパネルが分かれ、2枚の有機ELパネルの構成となります。また、解像度も両目で2160×1200と2K相当になり、描画性能を示すフレームレートは90fpsになりました。ディスプレイの性能はOculus Rift製品版やHTC Viveと並ぶ(※)ことになります。

価格は399.99ドル(約4.4万円)で出荷時期は未定です。

※ディスプレイ性能のスペックが並ぶということであり、実際の体験の質が同等とは限りません。また、プレイヤーの位置をトラッキングするポジショントラッキングは、OSVRではOculus Riftと同じ外部カメラを使用しています。

OSVRの可能性

OSVRはオープンソースのVRシステムを謳っています。ハードウェアだけでなくソフトウェア、周辺機器などを含む総合的なプラットフォームです。

これまで、HDKは開発者向けに提供されてきました。例えばOSVRではSteamのゲームがプレイできるとされていますが、そのためには自分自身でGithubにアクセスしてツールを入れるなどやや手間がかかります。

今回発表されたHDK2では一般消費者向けのPRも増えており、今後開発者だけでなくVRを楽しむデバイスとしても存在感を増してくる可能性があります。

(参考)
http://www.osvr.org/hdk2.html

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/