有機ELの供給はサムスン一強から変わるのか? 2020年までの予測

現在、多くのVRヘッドマウントディスプレイのモニターに使用されているのは、有機EL(OLED)です。VR用液晶の登場も見込まれていますが、OLEDはスマートフォン用の供給が大半を占めており、その需給状況が気になるところです。

韓国の調査会社Ubi Researchによる「2017年OLEDスクリーン年間報告」において、スマートフォン向け有機ELディスプレイ市場は2020年時点で約570億ドル(約6.4兆円)に到達することになり、サムスン電子製のディスプレイはその中の72%を占めるという調査結果が発表されました。


中国スマートフォンメーカーの需要などで、2017年のスマートフォン向け有機ELディスプレイ市場は伸びが見込まれます。そのため、サムスンは2016年から有機ELの生産ラインを拡大し、増加し続けるニーズを満たそうとしているとのこと。

同時に、中国と日本のディスプレイメーカー、そして韓国のLGエレクトロニクスも生産ラインを拡大、その中でサムスンは良質な製品と積極的な資金調達を通じ、トップを保つ動きを見せています。他のメーカーが2018年以後に量産できるとしても、依然として70%を超える市場を占めると予測されます。

この他、「2017年OLEDスクリーン年間報告」では、有機EL業界のサプライチェーンにおける変化についても記述されています。主要なスクリーンメーカーと資金調達の最新トレンド、有機ELの応用とディスプレイの量産可能性についての検討、そして2021年の市場と2011年の市場を分析しています。

(参考)
Ubi Research:2020年三星仍将占72%的AMOLED市场
http://news.87870.com/xinwennr-19460.html

http://www.ubiresearch.com/samsung-display-maintains-70-share-of-market-of-amoled-panel-for-smartphones-by-2020/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ