空飛ぶウルトラマンの視点が体験できる360度動画が公開予定

10月24日、株式会社キュレーションジャパンは、「ウルトラマン」シリーズと「岡山城」の50年の歴史を振り返る「岡山城×ウルトラマン50年史記念展」を岡山城天守閣にて開催することを発表しました。

岡山城×ウルトラマン50年史記念展

同展は、日本を代表するヒーロー「ウルトラマン」を起用し、47都道府県の魅力を発信するWEB発のプロジェクト「ウルトラJ」の特別企画「ウルトラJ meets オカヤマ」の一環として、放送開始50年を迎えた「ウルトラマン」と、再建から同じく50周年を迎えた「岡山城」とのコラボレーション企画がとして行われます。

11月3日(木)から11月30日(水)までの期間中、会場となる岡山城天守閣では、空撮とVRによる体験ブース「ウルトラ スカイ・アイ in 岡山」を設置。360度動画と、ドローンによる空撮技術を融合させ、空飛ぶウルトラマンのように上空からの目線で岡山の街並みが体感できるとのことです。会期中は岡山城での体験ブースのほか、WEB上でも公開を行うとのことです。

岡山城×ウルトラマン50年史記念展

また、ウルトラマンと岡山城それぞれの50年史のパネル展示、ウルトラマンと岡山城を背景に記念撮影ができる「特設フォトブース」、加えて、初日となる11月3日のオープニングセレモニーには、ウルトラマンも駆けつけて、同記念展を盛り上げます。

なお、特撮とVRを組み合わせたコンテンツとしては、株式会社カプコンが開発を行うVRアーケード『特撮体感VR 大怪獣カプドン』などが存在しています。

(参考)
ウルトラJ

http://ultra-j.jp

関連記事はこちら

この記事を書いた人