Oculus、製品版向け開発プラグインOculus SDK 1.0をローンチタイトル開発者にハードウェアとともに限定公開

2016年第1四半期の発売を目指しているPC向けVRヘッドマウントディスプレイOculus Rift。その製品版(Rift)向けのゲームやアプリなどコンテンツを開発するためのプラグインOculus SDK 1.0が製品版のハードウェアそのものとともに限定公開されます。

riftimageblog1

製品情報を含むため、これまでのように一般公開はされず、先行してRiftのローンチタイトルを開発している開発者を対象に公開されるとのこと。開発者には製品版Riftの最終バージョンが送付されます。

ローンチタイトルの開発を行っている開発者はこちらより開発中のアプリを登録することで、Oculusから別途案内がくることになります。

(参考)
Oculus Developers Blog / Rift SDK 1.0 Shipping to Developers with Final Rift Hardware
https://developer.oculus.com/blog/rift-sdk-1-0-shipping-to-developers-with-final-rift-hardware/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/