Oculus Store、開発中のコンテンツに先行アクセスできる「コンセプト」の仕組みを開始

Gear VR向けのゲーム/アプリをダウンロードできるOculus Storeで、完成していない開発中のコンテンツに先行アクセスできる「コンセプト」の仕組みが導入されました。

この仕組みは、9月に開催されたOculusの開発者会議Oculus Connnect 2で発表されていました。開発者は、試作段階のものから完成間近のものまで開発中のコンテンツをOculus Storeで配信することができます。プレイヤーはこれらのコンテンツに先行アクセスし、試すことができます。

image201511240220361

既にこれまでOculus Storeで登録されていたコンテンツにも開発中のものがあったようで「コンセプト」カテゴリーとして改めて公開されています。また新たに4つのコンテンツが「コンセプト」として配信されています。
コンセプトのコンテンツはコンテンツである旨が明記されます。
image201511240221553Epic Dragoon

image201511240221021The Body VR

image201511240221252Wendy

image201511240222234Cityscape Repairman

現在、Oculus StoreはGear VR向けのストアですが、今後Oculus Rift製品版(Rift)が発売された際には、Rift向けのコンテンツも配信されることになります。

▼Gear VRに関する初心者ガイドをまとめました
Gear VRとは?特徴・購入方法・価格まとめ

 

▼おすすめのコンテンツはこちらをチェック!
Gear VRで体験すべきおすすめゲーム・アプリ

 

また、有料コンテンツのレビューなどGear VRで体験できるVRコンテンツの情報はこちらでも紹介しています!

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/