【Gear VR無料アプリ】VRで世界とつながる瞬間。『Oculus Social Alpha』が日本のストアにも登場

昨日、米国での配信スタートをお伝えしたGear VR向けのアプリ『Oculus Social Alpha』が日本のOculus Storeにも登場しました。

サムスンのVRヘッドマウントディスプレイGear VRを持っている人であれば、誰でも無料でダウンロード可能です。

Ny7zbCa

この『Oculus Social Alpha』は、VRの中の部屋にアクセスし、アバター同士で会話をしながらVimeoやTwitchなどの動画を楽しむというアプリです。

部屋の中のスクリーンショットを撮影することができなかったため、現状実装されている機能を文章で紹介すると以下の様なものです。

・アバターを選択すると、部屋の中で椅子にアイコンが浮かんだような形で出現。Twitchが3部屋、Vimeoが3部屋と計6部屋用意されており、1部屋に最大5人までアクセス可能。
・サーバーはグローバルなので、世界中からアクセスしているプレイヤーと一緒になる(筆者の場合は、アメリカのワシントン州在住のプレイヤーとフロリダ州のプレイヤーでした)。
・頭の動きに追従し、アバターが動くため、相手のことを見るといった動きが可能。
・話している際は、アバターの口の前に話しているアイコンが出現
・入退室時は、アナウンスがポップ

キャラクター選択画面。用意されているアバターは26種類。ハロウィンを意識したものが多く、少しおどろおどろしい(拡大可能)
Screenshot_2015-10-30-11-20-45

Screenshot_2015-10-30-11-21-09

サーバー選択画面(拡大可能)
Screenshot_2015-10-30-11-21-22

機能としてはまさにアルファ版で非常にシンプルながら、VRの没入感とあいまって、新しいコミュニケーションのありかたを感じさせるものです。

筆者もこれまでTwitterやFacebookなどのSNS、またオンラインゲームにおけるチャットやボイスチャットなどを経験してきましたが、VRの中でアバターを使ったコミュニケーションは、そうした体験以上に「一緒にそこにいる感覚」を強く感じるものです。

日本ではニコニコ動画を提供するドワンゴが、Gear VR向けにニコニコ動画、ニコニコ生放送をVRで視聴する「niconico VR」の開発を進めています。今後、各種動画プラットフォームも巻き込むことでTiwichやVimeoだけでなく、ユーザーによるコンテンツ、映画やスポーツ、ニュース番組、360度カメラで撮影した写真など様々なコンテンツを「一緒に楽しむ」ことができるようになる日がそう遠くないことを予見させます。

OculusのCTOジョン・カーマック氏は、”一緒に遊べるちょっとしたゲームを近いうちに公開する”ことをTwitterで明らかにしています。

Oculusが追求するソーシャルVRの第一歩『Oculus Social Alpha』。Gear VRをお持ちの方はぜひ試してみてください。

関連するキーワード: Gear VR レビューGear VRコンテンツ紹介

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ