Oculus RiftのmacOS対応はまだ先か

アップルは、先週、新たなPCシリーズiMacの新型及びiMac ProがPC向けのVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)のHTC Viveに対応することを発表しました。

一方でOculus社からは、macOS対応に関する発表は行われていません。

中断されたMacOS対応

アップルのmacOSがHTC Viveを動かしている「SteamVR」システムに対応すると発表されたあと、同じPC向けのVRHMDであるOculus RiftのmacOS対応にも注目したいところです。

Oculus Riftの開発者向けキットDK1やDK2は以前はmacOSに対応していました。

しかし、2015年半ばにWindowsへの対応に集中するため、macOSの対応を中断しました。

当時はRiftの要求スペックをMacのいずれの機種も満たしておらず、また、Windowsの方がプラットフォームとしても規模が大きかったということもmacOSへの対応が見送られてきました。

macOS対応はまだ先か

サポート中断から2年が経ち、先週HTC ViveがmacOSに対応すると発表されました。

VR専門メディアRoad To VRによると、Oculus社からは「より多くの人にPCクオリティのVRを届けるように努力しておりますが、macOS対応に関するニュースは今のところ特にありません」とコメントがありました。

2016年にOculus創業者のパルマー・ラッキー氏は「アップルがOculus Riftのスペックにも合うようなPCを発表したとき、macOSにも対応するでしょう」と語っています。

Oculus RiftのmacOS対応の可能性はありますが、今のところそれが“いつ”になるかは分かりません。今後のOculus社の動きに注目です。

(参考)
Oculus Mum on Rift Support for MacOS in the Wake of Apple’s VR Announcements
http://www.roadtovr.com/oculus-mum-rift-support-macos-wake-apples-vr-announcements/ (英語)

MoguraVRはRoad To VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ