Oculus、シアトルオフィスをさらに規模拡大 R&D加速化

Facebookの傘下のVROculus Riftなどを提供しているVR企業、Oculusは新たにシアトルのオフィスを拡大することを見込んでいます。

シアトルには小規模のVR企業が複数あるほか、MicrosoftのHoloLensチームやValveといったVR/AR業界の主要企業の拠点ともなっています。

Oculusはすでにレドモンドの20万平方フィート(約6万平方メートル)の研究開発スペースを所有していますが、シアトルの50万平方フィートから100万平方フィート(約15万平方メートルから役30万平方メートル)のスペースを追加することを見込んでいると複数の不動産業者が示唆しています。

10億人にVRを提供するビジョンのために

Oculusは10月のOculus Connect 4にてOculus Go、Santa Cruzといった次世代機を公開しており、注目が集まっています。

Oculusの広報担当者は「私たちは最近、VRを10億人に提供するビジョンを共有しました。そして、シアトルでOculusのチームを成長させています。私たちはシアトルの成長に興奮しており、エンジニア、プロダクト、ハードウェアの専門家を歓迎します。」と述べています。また、Oculusは求人で新規に60人以上の研究職を募集しており、施設の拡大に伴ってのものと考えられます

(参考)
Oculus has big plans to expand in the greater Seattle area/Techcrunch(英語)
https://techcrunch.com/2017/11/20/oculus-redmond-seattle-expansion-research/

関連するキーワード: Oculus

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!