【Oculus Rift】敵の身体をハッキングする新感覚VRFPS『Damaged Core』

Damaged Core

今回紹介するのはOculusRift向けのシューティングゲーム「Damaged Core」。このゲームは、「敵の身体をハッキングして操作できる」という要素が特徴的なシューティングゲームです。プレイヤーが巨大な敵をハックし、他の敵を蹴散らす楽しみなどが味わえます。開発を行ったのは、『セインツ・ロウ』や『モータル・コンバット』などのゲーム開発を手がけたHigh Voltage Softwareです。

https://www.youtube.com/watch?v=lGYnBUT-tj0

敵やカメラをハックして移動せよ!

Damaged Core

ゲームを開始すると最初にチュートリアルがあります。女性が英語で説明してくれるため、英語がわからないと先に進むのが難しい場面もありますが、ほとんどは画像付きで解説してくれます。

Damaged Core

ゲーム内の移動は全て敵やカメラをハックすることで行います。コントローラーのAボタンを押しながらハッキングしたい対象に視線を合わせて、Aボタンを離せばハッキング完了。視点を合わせた時に敵が緑色になればハッキングが出来ますが、シールドなどを張っていてハッキングできない敵は赤で表示されます。

Damaged Core

敵には様々な種類がありますが、頻繁に出現するのは等身大の人型のロボット。色によって持っている武器が違うため、ハッキングする際は注意しましょう。具体的には赤色は単発のライフルを持っていて、白色はショットガンを持っています。

ショットガンは至近距離の威力は高いですが遠距離では無力なため、距離によってはライフルのほうが有利です。ステージを進めるとレールガンやガトリングなどの固定武器や、空を飛ぶ敵をハッキングできるようになります。登場する敵は毎回同じではなく、ステージごとに新しい対処法なども考えなくてはいけないので、やりごたえが増していきます。

Damaged Core

また各武器にはサブ装備があり、ライフルであれば望遠用のスコープが、ショットガンであればグレネードが使えます。通常の射撃だけでなくサブ装備も活用することで戦闘がかなり楽になります。

Damaged Core

ステージにはボスが存在します。かなり大型の敵で、攻撃力も高いです。そして、シールドを張っているためハッキングは出来ません。何らかの手段でシールドを破壊すると直接攻撃もでき、ハッキングもできるようになります。ボスをハッキングして他の敵を蹴散らしていくのは非常に爽快感があります。

Damaged Core

ハッキングした瞬間は敵に気づかれませんが、他の敵を攻撃したりすると反撃されます。ハッキングしている敵が攻撃を受けて死んでしまうとゲームオーバーになります。体力がなくなると画面の周りから暗くなっていきます。完全に暗くなるとゲームオーバーになるため、その前に他の敵をハッキングして乗り移りましょう。浮いているカメラは攻撃はできませんが、死亡する直前の緊急待避所としては便利なので位置は覚えておきましょう。

総評としては、「ハッキング」システムの面白さに加え、動きもスピーディーなVRシューティングという印象でした。敵をハッキングすることで攻撃力を奪えるだけでなく、乗り捨てて倒すこともできるなど、様々な敵の使い方が可能です。そして敵の種類も豊富で、多くの種類の武器が使えるのもプレイヤーとしては嬉しいです。また、ミッションの数も豊富にあるためやりごたえもある作品に仕上がっていました。

一方で、気になった点は2つあります。
まず1つ目は難易度が少し高めに設定されていることです。FPSなどでシューテイングに慣れている人であれば気になることはありませんが、シューテイングが苦手な方は序盤から苦戦を強いられる可能性があります。難易度の選択も出来ないため注意が必要です。

2つ目は、ハッキングを行った時に向いている方向が分からなくなることです。ハッキングを行うとカメラは敵が向いていた方向に合わせられるのですが、思っていた方向と違う向きを向くことが多々あります。筆者としては、それが酔いに繋がることはありませんでしたが、敵の方向が分からなくなります。リアルタイムに戦闘が進む中で敵を探す時間がもどかしく感じるケースがありました。

VRシューティングは数多くリリースされていますが、この「Damaged Core」はその中でも特に秀でたものがあります。斬新なシステムに、ハイクオリティなグラフィック、やりこみ要素もあるというVRゲームはそこまで多くはありません。しかも他の人気Oculus Riftのタイトルと比べると、2,990円という価格はお手頃に感じました。

<ソフトウェア情報>
「Damaged Core」
【メーカー】High Voltage Software, Inc.
【開発者】High Voltage Software, Inc.
【対応ハードウェア】OculusRift
【価格】2990円
【操作】XboxOneコントローラー
【リリース日】2016年8月30日
【言語】英語

<Mogura VR的評価>
【オススメ度】★★★★★(ただし難易度はすこし高め)
【快適さ】★★★★★
【操作性】★★★★☆(ハックをするとカメラの向きも変わるため、敵がどこにいるか分かりにくい)

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

この記事を書いた人

  • 54e2OgKS

    VRで大好きな初音ミクと出会うことを夢見る大学生。ネットワークを専攻してますが、VRアプリをつくっちゃったりしてます。製作者以外の目線をVRに向けることで新たな世界が見えるのではと思いライターをやらせていただいております。

    Twitter:@yamashin0429

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/