Oculus Connect 2 のスケジュールが公開。ジョン・カーマックのライブコーディングも

Oculus VR社は9月23日から25日まで開催する公式開発者会議Ouclus Connect 2のスケジュールを発表しました。

Oculus Rift、Oculus Touch、Gear VRの新情報が明らかになるであろう基調講演のほか、様々なコンテンツ開発に関する知見が共有されることが期待されます。また、伝説的なプログラマーであるジョン・カーマックによるライブコーディングも行われることが明らかになりました。

以下は、各講演タイトルです。さらに詳細な説明は公式サイトの記述をご確認ください。

23日

13:00-

 ・VRコンテンツ「I Expect You To Die」の開発から得られた教訓(25分)
 ・360度動画ストリーミングの新技術(60分)

13:30-

 ・ルールのない状況でのゲームデザイン:Time Machine VRの開発におけるデザインの試行錯誤(25分)
 ・視覚とともに聴く:VRのためのインタラクティブ・ミュージック(25分)

14:30-

 ・3Dオーディオ:VRのためのサウンド・デザイン(60分)
 ・切り絵からバーチャルなカードへ:「Lost Citie」におけるテーブルトップのゲームデザイン(25分)

15:00-

 ・低照度のVR環境における認識(25分)

16:00-

 ・モバイルVRにおけるパフォーマンスの最大化(60分)
 ・新たな世界への導入:VRにおけるUIとUX(60分)
 ・VRにおけるプレゼンスの共有(60分)

17:30-

 ・ハードウェアを届ける:Riftの進化(60分)
 ・UnityでのGear VR向けゲームのデザイン(25分)
 ・ポスト・モータム:Crescent Bay向けのUE4による最初のコンテンツ開発

24日

10:00-

 ・基調講演 ブレンダン・アイリブ(60分)
    Rift、Oclus Touch、Gear VRに関する新たな発表

11:00-

 ・基調講演 マイケル・アブラッシュ(60分)
    Oculus Researchが行っている最新の研究に関する発表

13:00-

 ・ジョン・カーマックとの対話(60分)
    モバイルVRに関する技術的な知見の共有

14:30-

 ・Oculus PC SDKを使ったRift向けコンテンツの開発(60分)
 ・初期のVRゲームのデザイン(60分)

16:00-

 ・Oculus Touch向けコンテンツ「Toybox」の開発(60分)   
 ・Oculus Story StudioによるVR映画製作の紹介(60分)

17:30-

 ・ソーシャルなVRアプリと体験(25分)
 ・いるということ:トラッキングできるコントローラーによるVR体験の構築(60分)
 ・ハリウッドからの教訓:VRにおける映画製作(60分)

25日

9:00-

 ・アンリアル・エンジンを使ったハンズオン・ワークショップ(3時間)
 ・Unityを使ったハンズオン・ワークショップ(3時間)

10:00-

 ・ジョン・カーマックによるライブコーディング(60分)

11:30-

 ・新たなメディア、VR:Oculus Touchを使ったアート制作(60分)

(参考)
Oculus Connect 2公式
https://www.oculus.com/en-us/connect/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/