Oculus Rift開発者会議「Oculus Connect 2」の参加登録がスタート!

Oculus VR社は、9月に開催するOculus Riftの開発者会議「Oculus Connect 2」の参加者登録を開始しました。

イメージ195

登録は公式サイトより可能です。

Oculus Connectは、昨年に続き2回目の開催となります。9月23日(水)~25日(金)の3日間にわたってハリウッドで開催されます。昨年の第1回には全世界から1000名以上が参加、基調講演を始め製品版プロトタイプのCrescent Bayの体験や、世界中の開発者が作品を持ち寄りました(レポートはこちら)。製品版の発売を2016年第一四半期に控え、さらに参加者数が増えるものと思われます。

23日に行われる基調講演では、CEOのBrendan Iribe、チーフサイエンティストのMichael Abash、CTOのJohn Carmakらが登壇し製品版RiftとGear VRについて語る予定です。

昨年の基調講演のダイジェスト(英語)

https://www.youtube.com/watch?v=vLx-XRGnXKU

今年のOculus Connectからも目が離せません。
参加費は、一般向けのカンファレンスパスが8月24日までの早割495ドル(約6万円)、通常が695ドル(約8.4万円)となっています。また、小規模で開発を進めているインディパスと学生パスは早割のみですが95ドル(1.2万円)となっています。

登録はこちらから

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/