OculusのVRブラウザ「Carmel」 開発者用プレビュー版公開

Oculusは、WebVRブラウザ「Carmel」の開発者向けプレビュープログラムを発表しました。今年初めにサンノゼのOculus Connect 3で発表されたCarmelは、VRヘッドマウントディスプレイを介して、ブラウザ上のVRコンテンツを展開することに特化したVRブラウザとなっています。

WebVRコンテンツには、WebGLおよびWebVR APIを使用して構築された3Dコンテンツと、VRで動作するように拡張された2Dコンテンツが含まれます。 これは、これまでのwebページベースの視聴体験から、完全な3Dコンテンツまでさまざまです。

開発者はCarmelを使用して、VRHMDに合ったVRコンテンツを開発することができます。新しいVRHMDや他のVRデバイスがリリースされると、Carmelフレームワークは自動的にコンテンツのアップグレードを行い、すべてのブラウザとデバイスで動作するようになるとのこと。

開発者は、最新のWebVR APIにアクセスしてWebVR対応ブラウザにアクセスすることなく、WebVRコンテンツを作成することができ、Gear VRを通してテストすることができます。

Carmelのプレビュー版は、Oculus StoreのGear VR用アプリとして利用可能です。 Carmelを起動すると、WebVRベースのオンラインギャラリーに入ることができ、利用可能なコンテンツを探すことができます。

Carmelのコンシューマー向けの提供はまだ発表されていません。 Carmelの詳細については、Oculusの公式ブログにも参考情報が記載されています。

(参考)

View WebVR Content with Oculus VR’s Carmel

http://www.vrfocus.com/2016/12/view-webvr-content-with-oculus-vrs-carmel/

※MoguraVRはVR Focusのパートナーメディアです

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ