Oculus Home以外で手に入れたソフトをOculus Rift製品版で体験する方法

Oculus Rift製品版では、通常Oculus Homeと呼ばれるプラットフォームアプリからソフトを購入・ダウンロードして体験します。

Oculus社は、Oculus Home以外で配布されているアプリをOculus Rift製品版で体験することを認めています。これにより、SteamやImagine VRなどで配信されているアプリ、また開発者が自身のサイト等で配布しているアプリも体験することができるということになります。

しかし、セットアップ後の初期設定では、こうした「Oculus Home以外で手に入れたソフト」を起動することができません。

この記事では、設定方法をご紹介します。

1.Oculus Appを起動し、右上の歯車のアイコン(設定)を選択しSettingを選びます。
Oculus Rift サードパーティー

2.左のメニューで「General」を選択します。
Oculus Rift サードパーティー

3.一番上に表示されている「Unknown Sources」の横にあるボタンを押します。Oculusでは、「Oculus Home以外で手に入れたソフト」を提供元不明のアプリとして考えている模様。
Oculus Rift サードパーティー

4.本当に設定を変更していいかの許可確認です。セキュリティ、快適性、コンテンツの内容、健康上の影響などがどのようなものかOculusの審査を経ていない旨が記されています。

問題ないようであれば「Allow」をクリックしましょう。
Oculus RIftサードパーティー

5.「Unknown Sources」の右のボタンがスライドしチェックが入っていれば設定完了です。
Oculus RIftサードパーティー

(参考)
Oculus Support / Games and Apps from Unknown Sources
https://support.oculus.com/878170922281071


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii