Oculus、コンテンツ制作に2.5億ドル超のさらなる支援 ノンゲーム分野にも

サンノゼで行われている開発者会議Oculus Connect 3(OC3)にて、Oculusはコンテンツ開発支援のためにさらに投資を行うことを明らかにしました。

Oculusが開発資金を提供しているコンテンツは、「Oculus Studio」と呼ばれています。Oculus RiftやGear VR向けのさまざまなゲーム・アプリが支援を受けています。

OC3の基調講演に登壇したフェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグ氏は、これまでの支援額が2.5億ドル(約250億円)にのぼることを明らかにした上で、さらに同じ2.5億ドルの支援を行うことを発表しました。

Oculus コンテンツ制作支援

社会を良くすることを目的とした取組も支援

さらに、Oculusは社会を良くすることを目的とした多様性支援の取組に総額1,000万ドル(約10億円)を投資することを発表しました。

Oculus コンテンツ制作支援

この中には「VR Lanch Pad」、「VR for Good」、「Amplified New Voices」などの取組や「Diverse Filmmakers Project」が含まれます。「Diverse Filmmakers Project」は、女性や社会的弱者がVR向けに360度作品を作る際に支援を行うプログラムです。

Oculus コンテンツ制作支援

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/