セレブのアバターと会話 米スタートアップが500万ドルの資金調達




カリフォルニアを拠点にするObENは人工知能とVR/AR技術によってパーソナルアバターを製作するスタートアップ企業ですが、今回500万ドル(約5億5000万円)の資金を調達しました。現在、セレブのパーソナルアバターを製作するソフトウェアを開発する同社は、中国でのサービス展開を見据えています。

中国からの積極的な投資

今回の投資の大部分は、中国最大のインターネット企業テンセントの主導によるものですが、他にもFengshion Capitalや、ベンチャーキャピタルChina Media Capitalの役員であるLi Ruigang氏も個人投資家として参加しています。

ObENは過去にも中国企業からの出資を受けており、昨年は盾安集団(DunAn Group)の投資部門であるCrestValue Capitalの主導によってシリーズAラウンドを完了しています。現在までにObENが調達した資金は137,000万ドル(約15億円)になります。

アバターを用いた新しいエンターテイメント

ObENが現在取り組んでいるのは、歌ったり喋ったりすることのできるセレブのアバターの製作です。コンピューターによって生成されたアバターは、自然言語処理技術によってユーザーの言葉を理解し、レスポンスを行うことができます。これによってユーザーは好きなセレブのアバターを生成し、VRやARを用いてインタラクションすることができます。

同社は現在韓国出身のセレブと協働してアバターの製作、サービス展開に取り組んでいますが、次の市場として中国、そしてアメリカを見据えています。

ObENに投資しているChina Media Captalは、米国出身の数多くのセレブとの契約を結んでいるCreatve Artists Agencyにも投資しているため、ObENの米国進出における追い風になるかもしれません。

テイラー・スウィフトやカニエ・ウエストなどの米国出身のセレブはグローバルな人気があります。ObENはいずれは米国でのサービス展開をロードマップに据えていますが、まずはアジアで地歩固めをする計画です。

(参考)
VentureBeat / ObEN lands $5 million from Tencent and others for AI-powered avatars(英語)
https://venturebeat.com/2017/07/18/oben-lands-5-million-from-tencent-and-others-for-ai-powered-avatars/

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ