オバマ大統領、ドイツのメルケル首相とともにハンドトラッキング可能なモバイルVRデバイスを体験

アメリカのオバマ大統領は、ドイツで開催されている展示会で深度センサーを搭載したVRデバイスを体験しました。

オバマ大統領

Hannover Messeは、ドイツで開催中の産業技術の展示会です。ドイツのメルケル首相とともに会場を訪れたオバマ大統領は、Googleの深度センサー分野のパートナーであるPMD Technlogiesのブースで、スマートフォンを使ったGoogle Cardboardタイプのデバイスを体験しました。

このVRデバイスは、世界最小の3Dカメラを搭載したもの。VRデバイスを装着したまま、VRの中で現実の手の動きを確認することが可能になります。この3Dカメラは2016年後半にスマートフォンへの搭載が予定されています。

オバマ大統領は体験後、このVRデバイスの利用可能性について質問をした後、「印象的な技術だ」とのコメントを残しています。

https://www.youtube.com/watch?v=iTLiSFwpfWg

体験する様子をおさめた動画。PMDのブース訪問の様子は43:47から

(関連記事)
オバマ大統領、RICOH THETA Sで360度自撮り撮影

(参考)
President Obama Takes VR for a Spin, Thinks Hand Tracking is “Impressive” – Road to VR
http://www.roadtovr.com/president-obama-takes-vr-spin-thinks-hand-tracking-impressive/

※米Road to VRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/