VRガンシューティングでオバケ退治! 新VRアトラクション登場

カメラで撮影した自分の顔をアバターとして使用できるVRアトラクション『ようこそパニックマンションへVR』が、10月16日より東京・渋谷にあるVR体験施設「VR PARK TOKYO」にて稼働を開始します。

『ようこそパニックマンションへVR』は、廃墟と化した洋館「パニックマンション」へ仲間と一緒に潜入し、館内に漂うオバケたちを退治することが目的の攻略型のガンシューティングアトラクションです。仲間と協力することで、合体技を繰り出すことも可能とのことです。制作はグリーのVRコンテンツ開発部門のGREE VR Studio。

体験者の顔は、カメラ写真からVR用3Dフェイスとしてアバターに取り込まれます。2人プレイによってお互いのアバターを見たり、VR空間にある鏡を使えば自分の顔を見たりすることも可能となっています。ゲーム終了後は、アバターの記念撮影をして自分のスマートフォンに撮影画像を送ることもできます。同技術は、グリー、モーションポートレート株式会社、株式会社VR Agentの3社が共同開発した技術です。

なお、2017年10月11日から13日まで東京ビッグサイトで開催される「Japan VR Summit 3」のグリーブースにて『ようこそパニックマンションへVR』のデモ版体験会が実施されます。

施設の概要

施設名

VR PARK TOKYO

営業時間

10:00から23:20(土曜 23:30)
最終受付 21:30

入替制
タイムスケジュールはコチラのページより

場所

東京都渋谷区宇田川町13-11 KN渋谷ビル4階

アクセス

JR渋谷駅、ハチ公口下車、井の頭通り或いはセンター街を通って徒歩約 5 分

料金プラン(90分遊び放題)

・事前予約
平日:2,900円(1人)
休日:3,300円(1人)
・当日入場
平日:3,300円(1人)
休日:3,500円(1人)

ウェブサイト

http://www.adores.jp/vrpark/

(参考)
グリー株式会社 プレスリリース
http://corp.gree.net/jp/ja/news/press/2017/1006-01.html

関連するキーワード: GREE VR StudioVR AgentVR PARK TOKYOようこそパニックマンションへVRグリーモーションポートレート

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ