ヒラリー・クリントン、トランプら大統領候補の様子を収めた360度映像をNYタイムズが公開

アメリカのニューヨーク・タイムズ(NYタイムズ)紙はVRをジャーナリズムに積極的に活用する取組「NYT VR」を進めています。今回、新たに2016年に行われる米大統領選の候補者4名の様子を収めた360度動画を公開しました。

image201601311125321

「The Contenders」というタイトルで公開された360度動画には、ヒラリー・クリントン、トランプ、バーニー・サンダース、テッド・クルスら大統領候補に名乗りを上げた各候補者が支援者に演説を行い、交流する様子が収められています。

こういった演説の様子はテレビの映像等でも見ることができますが、360度の映像で体験することで、「空気感」が伝わってきます。日本の街宣カーと街頭演説主体の選挙活動と比べ、アメリカでは演説の際は、スタジアム等を貸し切って大々的に行います。

また、各候補の雰囲気だけでなく、支援者の所属する層や雰囲気まで候補者ごとに異なるところが注目です。

また、各候補者ごとの様子をまとめた動画はYotuubeでも360度動画がアップロードされており、ブラウザ、スマホのYoutubeアプリ等で見ることができます。

ヒラリー・クリントン(民主党)

https://www.youtube.com/watch?v=zT7Ht0fKdDY

ドナルド・トランプ(共和党)

https://www.youtube.com/watch?v=5oDpMPv5RBs

一連の候補者の様子をまとめ、総括したナレーションが入ったフルバージョンの動画は無料のスマホアプリ「NYTVR」(iOSAndroid)及びブラウザにて鑑賞することができます。

ブラウザにて鑑賞する場合はこちら。
http://www.nytimes.com/newsgraphics/2015/nytvr/#the_contenders

(関連記事)
VRで俳優たちと摩天楼を舞う。NYタイムズとVRSE、幻想的な360度映像を公開
NYタイムズ、パリ同時テロの現場での追悼の様子を360度撮影したドキュメンタリーを公開
枠のない360度映像が伝える紛争地帯の子どもたちの生活。NYタイムズのVRドキュメンタリーが公開
ニューヨークタイムズ、購読者にGoogle Cardboardを100万台以上送付し、VRジャーナリズムに本格参入

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ