「今後大きな産業となる技術」NY市、VR/AR研究所を新設へ

米ニューヨーク市は先日、同市ブルックリン区ネイビー・ヤードにVRとARを専門にするラボを新設する計画を発表しました。本計画はNY市長であるBill de Blasioによって、ニューヨーク私立大学タンドン・スクール・オブ・エンジニアリングにてアナウンスされました。同市は現在、10,000の新たな雇用を中流階級の市民向けに創出する計画を進めており、本ラボも同計画の一つとして開発が進められています。

NYCに新設されるVR/ARラボとは

ラボの開設にあたってNew York City Economic Development CorporationとMayor’s Office of Media and Entertainmentにより約600万ドルの出資を受けており、Bill de Blasio市長は以下の声明を発表しています。

「ARとVRは今後大きな産業となる技術であり、ニューヨークはこれら新興技術における最先端の場所でありたい。(中略)同市を新興技術のハブ的存在にするために、研究開発に必要な場所、人材、研究機関に積極的に投資している」

開設に際してはニューヨーク私立大学リーマン校VR/AR教育アカデミーならびに開発ラボと提携しており、この計画によって数多くのVR/AR関連の雇用が行われる見通しです。

NYCが目指すもの

同市は現在中流階級の市民向けにテクノロジー関連の仕事を創出する計画を進めており、今後10年間に生み出される仕事の中にはライフサイエンスやクリエイティブ職、製造業関連の仕事が含まれています。今回創設されるVR/ARラボは約15,000平方フィートにも及ぶ巨大なもので、この施設によって今後10年間に約500以上の仕事が生み出されると考えられています。2017年末にオープンする予定です。

(参考)
Upload VR/New York City Mayor Wants To Be The “Global Hub” For VR/AR With Newly Funded Lab(英語)
https://uploadvr.com/new-york-city-lab-ar-vr/

Mogura VRはUploadVRのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ