NVIDIA、Pascal世代の最上位GPU「TITAN X」を発表

NVIDIAは、PC向けの新型グラフィックボード「TITAN X」を発表しました。同モデルは新世代のPaskal世代の最上位GPUという位置づけになります。旧型の「GeForce GTX Titan X」とは異なるモデルになります。

TITAN X

Pascal世代のグラフィックボードは既に、GTX1080、1070、1060の3モデルが発売されていますが、最後に登場したこの「TITAN X」が最上位モデルになります。演算能力は11テラフロップス(GTX1080は9テラフロップス)。CUDAコア数は3584、メモリは12GBのGDDR5Xを搭載しています。

TITAN X

これまでのNVIDIAのGTXシリーズ最上位だった「GeForce GTX Titan X」と比べ性能は60%向上しています。発売日は8月2日。価格は1,200ドル(約12万6,000円)です。

https://www.youtube.com/watch?v=Y02kptTItj8

公式サイト(英語)はこちら
http://www.geforce.com/hardware/10series/titan-x-pascal

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/