NTTドコモ、8K60fpsのVR映像配信・視聴システムを開発

株式会社NTTドコモは、世界初の8K60fpsとなるVR映像配信・視聴システムを開発しました。本システムは、2017年10月3日から6日に幕張メッセで開催される、IT技術やエレクトロニクスの展示会「CEATEC JAPAN 2017」のNTTグループブースに展示されます。当該ブースは社会・街エリアのC003。

従来のシステムでは、8K60fpsの動画コンテンツの再生は非常に高負荷となり、 高スペックなPCを用いても再生が困難でした。今回、ドコモではNTTテクノクロス株式会社の 「パノラマ超エンジン」を使用し、2K解像度の映像を2枚同時に再生するプレイヤーを開発。 低解像度の映像を常時送信しつつ、視聴者が注視している部分にのみ高解像度の映像タイルを貼り付けることで、動画を高解像度で再生する方式を取っています。これにより再生負荷が大幅に下がり、市販PCでも8K映像の再生が可能となりました。  

本システムは映像配信を行うサーバー、ストリーミングによりコンテンツの再生を行うプレイヤー、そして高品質のパノラマ映像を視聴するためのVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)から構成されています。本VRHMDはシャープ株式会社のIGZO液晶パネルを採用し、ドコモが新たに開発したとのこと。
        
ドコモは、今後も幅広いパートナー企業との連携を促進し、次世代の通信規格である「5G」時代における音楽イベントやスポーツ等の新エンタメ体験の実現に向け、高品質なVR技術の開発に取り組むとのことです。

(参考)
・【地図あり】CEATEC JAPAN 2017 VR/ AR関連まとめ
・電通大らVRなど大容量コンテンツの通信量の大幅削減に成功
・プレスリリース(PDF)

関連するキーワード: CEATEC JAPAN 2017NTTドコモ

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ