SCE、Project Morpheus向けVRゲームの開発のために新たなスタジオを立ち上げ。人材募集中

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)はPS4向けのVRヘッドマウントディスプレイProject Morpheusの開発を進めています。3月に開催されたGDCでは、新たな試作機をお披露目するとともに、その性能と2016年上半期の発売を発表しました。

th_DSC_0770

ソニー、PS4向けヘッドマウントディスプレイ「Project Morpheus」の製品版プロトタイプを発表。発売は2016年上半期

これから大きく注目したいのが「コンテンツ」です。これまではハードウェアが主に注目を浴びてきました。しかし、製品版が発売されたときにユーザーがどういう体験ができるのかどうか、はコンテンツにかかっています。同じく2016年第一四半期の発売を目指しているOculus Riftでも同じ状況です。両社ともパートナー企業のみならず、社内のスタジオでコンテンツ開発を進めています。

今回、SCEはイギリスに新たに立ち上げたNorth West StudioでVRコンテンツの開発に注力することが、同社の求人情報のウェブサイトから明らかになりました。

求人情報には、ゲームのレベルデザイナー、キャラクター・アニメーター、リードアーティスト、ゲームデザイナー、リードデザイナー、グラフィックエンジン・プログラマー、ゲームプレイ・プログラマー、リードプログラマーとちた職種が募集されています。

ヨーロッパのゲームメディアEUROGAMERが取材したところによると、SCEの広報担当者は「このスタジオはまだ立ち上げ期で、人材を集めてチームを作っている段階だ」とコメントしています。

SCEはこれまでも、Project Morpheusのデモを日本のJapan Studio、イギリスのLondon Studio等で制作してきました。Project Morpheusに特化したスタジオが生まれることで、コンテンツ制作に本腰を入れるものと思われます。

(参考)
Sony sets up North West Studio to make Project Morpheus games – EuroGamer
http://www.eurogamer.net/articles/2015-05-19-sony-sets-up-north-west-studio-to-work-on-project-morpheus-games

PlayStation VRについての最新情報はこちら

PlayStation VRで体験できるソフトの紹介はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/