野村不動産グループ、住宅情報サイトにVR導入 実際の生活空間を表現

住宅購入を検討している利用者に対し、実際の日常生活をイメージをサポートさせるVRサービス『VRホームステージング』。同サービスが、野村不動産アーバンネット株式会社が運営する不動産情報サイト「ノムコム」にて導入されました。

『VRホームステージング』は、VRゴーグルを使用しVR上の物件を内覧VR空間の物件に実際の家具のデータを配置することで、具体的な生活空間をイメージできることが特徴です。同VRサービスは、従来のホームステージングと比較し、コストが抑えられ利用者が望む部屋の提案が何度でも可能という利点があります。

左)家具なしイメージ、右)家具ありイメージ

「ノムコム」では、VRホームステージング対応物件において家具配置のあり・なしを選択が可能です。何も家具が置かれていない部屋と見比べると、日常生活をイメージしやすいものとなっています。VRホームステージングの閲覧は、PCまたはスマートフォンの画面から行えます。

なお、今回導入されたVRホームステージングには、ナーブ株式会社が提供するVRシステム「VR内見」に、株式会社リビングスタイルが保有する100万点以上の家具データベースが組み込まれています。両社は2017年11月6日に同VRサービスにおいて業務提携を発表しています。

(参考)
不動産情報サイト「ノムコム」「VRホームステージング」を導入 / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000025694.html

関連するキーワード: VRホームステージングナーブリビングスタイル野村不動産アーバンネット

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!