『ポケモンGO』のナイアンティックがAR企業を買収 AR体験の共有目指す

人気ゲーム『ポケモンGO』を開発し、現在ハリーポッターのARゲームを開発しているナイアンティックは、AR開発企業の「Escher Reality」を買収したことを明らかにしました。「Escher Reality」はマルチプレイARの技術を開発しており、近い将来『ポケモンGO』やハリーポッターの新作がマルチプレイに対応するのではないかという期待がされています。

マルチプレイARを開発

今回買収された「Escher Reality」は起業家養成機関として有名な「Y Combinator」などから出資を受ける、有力AR開発ベンチャーです。同社はモバイル端末を使い、複数人で卓球に似たゲームを行うことができるアプリを開発していました。

複数人でAR(MR)体験を共有する技術は「ARクラウド」と呼ばれ、世界的に取り組まれています。Escher RealityはARクラウドをスマートフォンでも行うことができる技術を開発しています。

モバイルARの本格的普及の鍵となるのは「ARクラウド」 | Mogura VR

モバイルARの本格的普及の鍵となるのは「ARクラウド」 | Mogura VR

MoguraVR

ポケGOのやハリポタへの期待高まる

現在、ナイアンティックはAR版ハリーポッターのタイトルである、『Harry Potter : Wizards Unite』を開発しており、2018年後半に配信予定とされています。詳細は明かされていませんが、同社は買収した「Escher Reality」の技術を積極的に活用していく姿勢を見せており、ハリーポッターの新作や『ポケモンGO』などで、マルチプレイができるようになるのではないかという大きな期待が寄せられています。

(ナイアンティック公式ブログ)
https://nianticlabs.com/blog

(参考)
Pokémon Go studio Niantic acquires AR firm Escher Reality | VentureBeat https://venturebeat.com/2018/02/01/pokemon-go-creator-niantic-acquires-ar-firm-escher-reality/


※Mogura VRでは現在「VR体験施設の利用に関するアンケート」を実施しています。数分程度の簡単なオンラインアンケートですので、ぜひご協力をよろしくお願いします。

関連するキーワード: Niantic

この記事を書いた人

  • 田口大智

    明治大学文学部フランス文学専攻に在学中。明治大学硬式野球部引退と同時に休学し、日本マイクロソフトのインターンに9ヶ月間参加。Microsoft Azure やHoloLens 等の啓蒙活動に携わる。現在は米国ワシントン州シアトルに留学中。Twitter:@_taccho