最前列のスポーツ観戦をVRで。NFLが考える、未来のアメフト観戦を紹介する動画が公開

アメリカでは、アメリカンフットボールが絶大な人気を誇っています。NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)はその最上位リーグで、全米王者を決定するスーパーボウルも主催しています。一試合の平均観客動員数が、7万人近いというところからもその人気ぶりが伺えます。

イメージ953

そのNFLが10月30日、「The Future Of Watching Football is Virtual Reality」(未来のアメフトの試合観戦はVRで)と題する動画をYotubeに公開しました。動画の中では、試合を360度撮影する様子や、Oculusのメンバーもコメントが収められています。

https://www.youtube.com/watch?v=e2KLxVN4On0

最終的にはリビングでホログラフィック状に試合を表示するといったまるでSF映画のような話も出てきますが、現実的な取組としてNFLがOculus RiftなどのVRヘッドマウントディスプレイを使ったVR観戦に取り組もうとしていることは明らかです。

イメージ951

イメージ952

VRを使ったスポーツ中継は、まだ技術、手法の確立が試行錯誤されているところであり、その場にいるような臨場感に徐々に近づいていっているところです。例えば、VR向け動画配信サービスNext VRは全米オープンやバスケットボールのNBLの試合を360度でVR中継する試みを行っています。Next VRが中継した動画の一部はサムスンのVRヘッドマウントディスプレイGear VR向けの無料アプリから視聴することが可能です。まだ立体的な見え方に違和感を感じたりするかもしれません。また、膨大なデータを通信するために回線側の対応も必要になってくるかもしれません。なにより、スポーツ観戦は「同じ熱狂を周りの人と共有する」という”場”としての魅力もあり、それをVRでいかに実現するのかという点も課題でしょう。

イメージ949

2015年末から2016年にかけて、Gear VR、Oculus Riftなどの高性能なVRヘッドマウントディスプレイが一般発売となります。多くの人が思わず熱狂し、楽しむスポーツ観戦がVRによって進化するのだとしたら……。日本でも野球やサッカー、そして最近ではバレーやラグビー、フィギュアスケートなど様々なスポーツが老若男女を問わず楽しまれています。

「試合前にコーチが選手たちを激励しているシーンを、お気に入りの選手のすぐそばで見ることができたら?最前列でNFLの試合を見るには、数千ドル(数十万円)のチケットが必要です。でも、もしもVRでは同じ視点でたった10ドル(約1200円)で20万人が見れるとしたら?」というコメントが動画の最初に流れます。

イメージ950

先日紹介したGear VR向け『Oculus Socila Alpha』のように、世界中の人とスポーツ歓声を楽しむことも可能になるでしょう。今後、スポーツを含む様々なライブ中継をVRで「その場にいるように、熱量を感じる」ことができるようになるかもしれません。

関連記事:全米オープンのVR映像のライブストリーミング配信がアメリカで試験的に実施
関連記事:【Gear VR無料アプリ】VRで世界とつながる瞬間。『Oculus Social Alpha』が日本のストアにも登場

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/