1台で複数のプラットフォームに対応 新たな一体型VRヘッドセットが登場


VRヘッドセットはPC向けやスマートフォン向けなどさまざまな機種が登場しています。しかし、実際に体験できるコンテンツは各機種の間で互換性がないことも多く、一部のタイトルを除いては各機種ごとに異なるコンテンツを体験するような状況が続いています。

サンフランシスコに拠点を置くGameFaceは、新たな2つのVRヘッドマウントディスプレイを発表しました。一方は世界初となる2つのVRプラットフォームに対応した高性能な一体型VRヘッドセットで、もう一方はグーグルのプラットフォームDaydream対応の低価格なモバイルVRヘッドセットです。

ハイエンドモデルはDaydream・Steam VR対応

「Head Mounted Consoles」(ヘッドマウントコンソール)と名付けられた2つのヘッドセットは、先日ロサンゼルスで開催されたE3にて初期バージョンのデモが行われました。

E3で展示されたのはそのうちGF-LDと呼ばれるハイエンドモデルで、Google Daydreamに対応するAndroid搭載デバイスとして機能するほか、OpenVRをサポートすることでHTC Viveと同様にSteamVRにも対応しています。部屋サイズを歩き回ることによるルームスケールのトラッキングも可能です。

位置トラッキングには1台のベースステーションを使用し、コントローラーは3次元移動・3次元回転をサポートします。

GF-LDではコントローラーを使ったグーグルのモバイル向けVRプラットフォームDaydream向けコンテンツをプレイすることができます。

Daydream対応の低価格モデルは今年発売予定

もう一方のモデルはGF-DDと呼ばれ、開発者や業界向けのGF-LDに比べ、平均的な消費者を対象とした低価格モデルになっています。価格は不明です。

GF-DDはGF-LDと同じくグーグルのDaydreamに対応していますが、Steam VRのサポートは含まれていません。

ヘッドセットには両者ともアイトラッキングを搭載することも検討されており、製品ではフォービエイテッドレンダリング(視界の中心を高解像度で描画する方式)が含まれる可能性もあります。

GameFaceはGF-DDを2017年第4四半期にリリース予定で、GF-LDは開発者版が2018年第2四半期にリリースされる予定です。

(参考)
VRFocus / GameFace Labs Announce New Mobile VR Headsets(英語)
https://www.vrfocus.com/2017/06/gameface-labs-announce-new-mobile-vr-headsets/

GameFace Shows Lighthouse Tracking on Android, Aims to Be First VR Headset to Support SteamVR & Daydream
http://www.roadtovr.com/gameface-shows-lighthouse-tracking-android-aims-first-vr-headset-support-steamvr-daydream/

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!