NetflixもVRコンテンツ制作か SFホラードラマ『Stranger Things』の360度予告編公開

TV番組や映画などの動画をストリーム配信するNetflixは、YouTubeにて360度動画作品『Stranger Things』を公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=yg29RvYNSDQ

『Stranger Things』はアメリカのSFホラーテレビシリーズで、今回はその360度動画版がNetflixより公開されました。コンテンツの長さは2分間程度と短く、テレビシリーズ本編のトレイラーのような内容になっていますが、スリル満点で見応えのある作品となっています。

Netflixは2016年の春に、Gear VRを用いてVR内の大画面で映像を視聴できるサービスを始めたばかりです。360度のVRコンテンツは制作してきましせんでした。今回の360度動画の公開が、VR業界でのNetflixの今後の歩みにどう関わっていくのかに期待が集まっています。

Netflixと同じようにVRを取り入れ始めたストリームのサイトにHuluがあります。Huluの方もGear VRのアプリにてすでに独自の360度動画を配信し初めています。

VRのヘッドマウントで映画鑑賞をすることのデメリットに「友人、家族など複数の人たちと同時に鑑賞できないこと」があります。Oculusの公式アプリ「Oculus Social」では、VR内で複数人で同じ映像を見ることが可能になっています。各配信サービスの動向とともに今後どういった工夫がとられるか注目したいところです。

(参考)
http://uploadvr.com/stranger-things-netflix-360/

Netflix releases creepy ‘Stranger Things’ 360 video – UPLOAD

関連記事はこちら

この記事を書いた人