PlayStation Homeに携わった開発者らのnDreams、VRゲーム開発に300万ドルの資金調達

イギリスに拠点を構えるデベロッパーnDreamsは、VRコンテンツの開発に300万ドル(約3.6億円)を追加で資金調達したことを明らかにしました。

同社は2015年に既に今回と同じ出資元Mercia Technologiesより275万ドルの資金調達を行っており、1年に2回の調達を行ったことになります。今回の資金調達の目的は、VRコンテンツの開発のためとされています。

nDreamsは2006年Patrick O’Luanaigh氏によって立ち上げられました。以降、nDreamsはPS3向けPlayStation Homeにおけるコンテンツのパブリッシングを行ってきました。

2014年にはGear VRの向けに固定砲台のシューティング『Gunner』を配信。現在、Oculus Rift、PlayStation VR向けに開発中の『The Assembly』などVRコンテンツの開発に乗り出しています。

The-Assembly-Screenshot-14-CH3
The Assembly

関連記事:秘密の研究施設を舞台にしたVRアドベンチャー『The Assembly』のプレイ動画が公開

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/