VRでバスケをさらに楽しむ NBAが公式VRアプリ配信

全米バスケットボール協会(NBA)は、Googleのスマホ向けVRプラットフォーム「Daydream」向けにVRアプリ『NBA VR』を発表しました。

https://www.youtube.com/watch?v=lol7_fnF7FM

アプリの発表にあたり、NBAは、ジェームス・ワース、ロバート・ホリー、バロン・デイヴィス、ジョン・スターク、ブルース・ボーウェンのような伝説のNBA選手たちがポップカルチャーからキャリア最大の瞬間までを語るエピソードシリーズ「House of Legends」を配信しています。

さらに、ビデオオンデマンド、NBAハイライトなどの没入型NBAコンテンツのライブラリを備えた三次元バーチャルスポーツラウンジを利用可能です。また、選手やチームの成績や統計情報を閲覧することもできます。

GoogleのVRヘッドセット「Daydream View」を持っていれば、このNBAのVRアプリを無料で利用できます。そして、今後数か月の間に「House of Legends」のエピソード、追加のVRコンテンツが随時公開されていく予定です。

なお、現在Daydreamは日本で未提供です。

(参考)

NBA Launches Google Daydream App and VR Series(英語)

NBA Launches Google Daydream App and VR Series

※Mogura VR は、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • キタイ

    情報系大学生。GAME ONでPSVRを体験して以来VRに関心を持つようになりました。いろいろな事に興味をもって勉強するように心がけています。HTC Vive購入しました

    SNSアカウント:
    @Kitai_VR

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ