国立天文台の「天の川銀河紀行」 VR映像グランプリ受賞

国立天文台の4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2U)プロジェクトが制作した360度動画「天の川銀河紀行」が、先進映像協会が実施するルミエール・ジャパン・アワード2017年度VR部門でグランプリを受賞しました。

https://www.youtube.com/watch?v=rFF4bWefcDk

「天の川銀河紀行」は、国立天文台のスーパーコンピュータ「アテルイ」を使用し、さまざまな物理メカニズムを取り入れたシミューレーションによって作られたの天の川銀河の姿を映像化したものです。

普段私たちが目にしている棒状の天の川は、円盤状の星の集まりを真横から見た姿であり、本作品では天の川銀河の外からの景色も視聴することがきます。

「天の川銀河紀行」は、普段私たちが見ることのできない視点からの天の川の姿を忠実に描き出したという点、教育効果が期待できるという点などが評価され、ルミエール・ジャパン・アワード2017年度VR部門グランプリとなりました。

(参考)
国立天文台 ニュース
https://www.nao.ac.jp/news/topics/2017/20171226-award.html?utm_content=buffer7e259&utm;_medium=social&utm;_source=twitter.com&utm;_campaign=buffer

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: 国立天文台天の川銀河紀行

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!