MSI、第7世代CPU搭載の新ゲーミングノートPCが登場 VR対応入門モデルも

1月6日、Intelの第7世代Core iシリーズの発売と共に、MSIの新製品発表会が開催されました。その中で、2017年にMSIが発売する新型ゲーミングノートPCが発表されたので紹介します。

全てのシリーズ・モデルでCPUにIntelの第7世代Core i7、GPUにNVIDIAのGTX GeForce10シリーズを搭載しています。

記事中の画像に「ゲーミングマーケットバリュー」とありますが、画像内にあるゲーミング要素の相当額の合計額であり、実際の販売額ではありません。

新型ゲーミングノートの価格に関しては、旧モデルと同じ価格帯(10万〜60万円)になるとのことです。

GT83VR Titan

最上位性能をもつフラッグシップモデルGT83VR Titanは、GTX1080をSLI接続で2基搭載。それに合わせてMSI独自かつ強力な冷却システムを搭載しています。

また、キーボードにはシルバー軸のメカニカルキーボードを採用するなど、VR対応ノートPCとしてだけでなく、より快適なゲーミングノートPCとして完成されています。

GT62VR

既に販売されているGT72VRの性能をそのままに、最新のゲーミング要素を搭載して登場したGT62VRは、日本初登場のモデルです。GTX1070を搭載し、VRにもしっかりと対応したスペックになっているほか、システムレベルでの冷却を考えた放熱ソリューション「Cooler  Boost4」を搭載し、冷却性にも優れます。

GEシリーズ

GEシリーズは、MSIのゲーミングノートPCの中でも万能型として人気のあるシリーズです。今回発表された新型GEシリーズは、GTX1050/1050Tiを搭載したほか、シリーズ最上位モデルのGE72では、100Hz駆動のディスプレイを搭載し、ミドルエンドながら快適にゲームが楽しめるミドルハイエンドとなっています。

なお、GTX1050/1050TiはVR Readyには認定されていないので、GEシリーズはVR対応ゲーミングノートではありません。

GP MVRシリーズ

GP MVRシリーズは、プレミアムハイエンドVR入門モデルと位置付けられています。

GTX1060を搭載し、VRに対応したスペックを有するほか、各種ゲーミング要素を詰め込んだゲーミングノートになっています。その一方、「必要ない」という声も多かったという光学ドライブを搭載しないことにより、携帯性も高められています。

GL62M

GM62Mは、GPシリーズよりさらに敷居の低い入門モデルとして位置付けられています。

GTX1050を搭載し、ゲームをプレイするのに十分なスペックを備え、Cooler Boost4などのゲーミング要素も搭載しつつ、手を出しやすい価格に抑え込まれています。

なお、GTX1050はVR ReadyなGPUではないので、GL62MはVR対応ノートPCではありません。

VR One

ゲーミングノート以外の発表として、バックパックPCであるVR Oneのチャージャーが発表されました。

NahimicVR・Hi-Res認証

3Dサウンドを提供するNahimicVRに対応するほか、Hi-Res認証を受けたことを発表。グラフィック性能だけでなく、サウンドにもこだわりが見られます。

とくに3DサウンドのNahimicVRは、VR体験の質を高める効果が期待されます。NohimicVRについては、新製品だけでなく、これまでのMSI製PCでダウンロードして利用できるとのことです。

この記事を書いた人

  • writer_N/R

    高校2年生です。ニコニコ超会議でOculus Riftに出会い、その後友人にGear VRを布教されてVRの世界に入りました。VRの楽しさと可能性を伝えられればと思い、ライターをやらせてもらっています。

    Twitter:@8088nrN

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ